今年3月にリニューアルし新しくなった尾道駅

旅はここからスタートです。

駅に降り立って後ろを振り返ると、小高い山が目に入ります。
標高144.2メートルの千光寺山です。山頂の展望台からは尾道市内が一望でき、天気の良い日にはしまなみ海道の島々や四国連山を望むことができます。

山頂まではもちろんロープウェイを使って上がることもできますが、歩いて登ると達成感、爽快感を味わえます。売店のおいしいソフトクリームを食べながら眺める景色は最高です。

そして、戦禍を免れた尾道には古くから多くの寺や神社が残されています。山手の中心市街地にたたずむ25のお寺は石畳の路地で結ばれ、東西約3kmの古寺めぐりルートとして親しまれています。

その中心に位置する由緒ある7つの寺、持光寺、天寧寺、千光寺、大山寺、西國寺、浄土寺、海龍寺。尾道をより深く知ってもらいたいと宗派を超えて「尾道七佛めぐり」としてつながり、癒しのまち・尾道の象徴として多くの方が参拝に訪れます。

尾道観光協会によるこの7つの寺をお坊さんのガイドで巡るツアーは好評

今年は6月に実施されます。普段なかなか聞くことのできないお坊さんとの会話を楽しみながら、尾道の魅力をさらに感じてみてはいかがでしょうか。

また、七佛めぐりで最初に巡る持光寺では「にぎり仏作り体験」をすることができます。   

にぎり仏とは、片手に収まるほどの土の塊を願い事をこめながらギュッと握って作る自分だけの念持仏です。住職、またはお寺の方から直接作り方を教って、土を握ったあとに耳、目、鼻を形作り、楊枝で目と口を書いて10分程で完成です。作った後はお寺で焼き上げ発送してくれます。完成したにぎり仏を見ると、何だか自分の分身のようにも見えてきて愛着がわく方もいるとか。尾道を訪れた思い出に、お土産にとおすすめです。

山手散策の途中には空き家を改装したユニークなお店がいっぱい

おいしいパン屋やカフェ、雑貨屋や招き猫美術館など手作りのお店はどこも魅力的。ぜひ、立ち寄って一休みながら満喫してください。

尾道の山手散策は、スニーカーで時間をかけて歩いて回るのがとってもおすすめです。路地裏で迷子になっても優しい尾道の人々が道案内してくれます。

坂の途中、ふと振り返ると、尾道水道の風景があなたの心をほっと和ませてくれます。

癒しの街、尾道をぜひ一度訪れてみてください。