「広島みやげは、コレ!」

広島には、和菓子、洋菓子、干物などたくさんの名産品がありますが、純粋に自分が食べてまた食べたいと思ったもの、貰って嬉しい土産をご紹介。

お世話になっている先生や親せきの家族などに贈りたい !にしき堂の「生もみじ」

食べたときに、コレおいしいと率直に思ったし、にしき堂様はまた新しい銘菓を作ってくださったな~!と感心。
お店のアピール文には、「生地に広島県産の餅粉と米粉を使っていて、もっちりでしっとりとした食感に、上品な餡の味わい」その通り!納得する味わい。

ラインナップは、こしあん、粒あん、抹茶とあり、生菓子なのに賞味期限が14日間と長めなのが嬉しいポイント!
誰かお土産にくれないかな。熱めのお茶とともに。ほっと、ひといき。

新たな人気を集めているまるか食品 「イカ天瀬戸内れもん味」

次に紹介するのは、仲良しグループの友達や兄弟、いとこのお兄ちゃんお姉ちゃんに贈りたいもの。

レモンなのにすっぱすぎず、手がとまらなくなるうまみがある。一人きりで最後まで食べきってしまった。おいしい!
パッケージが黄色と水色のデザインでかわいい上に、軽くて安い。お土産の数が必要な時にとっても便利。

紅茶や珈琲好きな女性におすすめしたい。バッケンモーツアルトの「からす麦クッキー」

もらって食べたあと、もう一枚食べたい!といったのが素直な感想。

風味豊かな挽きたてアーモンドが入っていて香りが良く、サクッとした食感にしつこくない絶妙な甘さ。さらに、からす麦はミネラル豊富で栄養価も高く、他の原料や製法にもこだわって作っているので、お子さんでも安心して食べらる。

帰りを楽しみに待ってくれている子どもやおじいちゃんおばあちゃんに。因島の「はっさくゼリー」

新鮮な八朔の実がたっぷり入って、爽やかな酸味とまろやかなゼリーの味わいが人気。

食べると、ツルンとした舌触りと大きな八朔の食感。食べごたえのあるおすすめのデザート!暑い夏にキーンと冷やしてどうぞ!

というように、自らまた食べたいと思うものをご紹介してみましたが、広島土産はまだまだ他にもいっぱいあります。悩んだ時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。